Hisamitsu

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

更年期障害は治療できます。ひとりで悩まず、お医者さんに相談を。

更年期症状を相談できる病医院を検索

ご監修:愛知医科大学 産婦人科学教室 主任教授 若槻 明彦 先生(日本女性医学学会 理事長)

更年期症状を相談できる病医院を検索

更年期度チェック

スキンケア ~女性ホルモンの低下による皮膚の乾燥~

更年期では女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、これまでとは異なる様々な症状が現れます。
その一つが、皮膚の乾燥です。
エストロゲンは皮膚に対して、コラーゲンを増やす、水分量を維持させるといった働きをしています。
エストロゲンが減り、皮膚が乾燥すると、かゆみや湿疹などの症状が起こりやすくなってしまいます。
このような症状を防ぐためにも、日ごろからのスキンケアが大切です。

保湿のやり方

保湿剤の適正な量

軟膏・クリーム
人差し指の先端から第一関節まで伸ばした量(約0.5g)が成人の両手の面積に塗る量の目安です。
※チューブの穴の大きさにより量は変わります。
ローション
1円玉大に出した量(約0.5g)が成人の両手の面積に塗る量の目安です。

十分な量を塗り、保湿剤を効果的に活用しましょう。

保湿剤の適正な量

塗り方

手を清潔にし、保湿剤を取ります。
手のひらでやさしく丁寧に、塗り伸ばしてください。
この際、すりこまないように注意しましょう。

塗り方

保湿のタイミング

保湿剤は朝と夜(入浴後)の1日2回の塗布が効果的です。
入浴後は水分を拭き取ったら、できるだけ早く塗布するようにしましょう。

保湿のタイミング

ページ上部へ

Hisamitsu

コーネンキ ゴー元気

  • サイトマップ
  • 更年期障害関連サイトのリンク集
  • ご利用上の注意