サステナビリティ

お客さまとのかかわり

医薬品の開発

久光製薬では、長年培ってきたTDDSの基盤技術プラットフォームを軸に、皮膚からの吸収が困難である薬剤のTDDS化、薬物血中濃度の持続による安定した効果と副作用の低減といったTDDS製剤のメリットを最大限に活かし、既存品や競合品と明確に差別化された医薬品の研究開発・改良を行っています。また、世界市場に医薬品をいち早く投入していくため、国内の研究開発拠点と海外子会社(Noven社:米国)との研究開発活動の一元化を図り、開発期間短縮に努めています。

※TDDS:Transdermal Drug Delivery System 経皮薬物送達システム

QOLの向上を目指すTDDS

久光製薬は、世界中の人々の「健康・安全・快適な生活」という根本的な願いに応えるため、TDDS製剤(貼付剤、塗布剤等)の研究開発に集中して取り組んでおります。薬物をTDDS製剤にすることにより、「適切な薬物血中濃度を長時間にわたり維持することができる」、「小児や高齢者など嚥下困難な患者さんへの薬物投与が可能になる」、「副作用が発現した場合にも剥がすまたは洗い流すことにより簡単に投与中断ができる」など診療科を問わず、幅広い医療ニーズに応えることができます。研究開発に当たっては、候補薬物の網羅的探索と積極的なアライアンスを推進することで、有用性の高いTDDS製剤の開発に努めています。
さらに、高分子薬物やワクチンなどより幅広い薬物をTDDS化するためのマイクロニードルなど、新規基盤技術を駆使したTDDS製剤の開発によって、医療現場のニーズに合致した医薬品開発を行っています。

「ジクトル®テープ」の開発

「ジクトル®テープ」は、有効成分がジクロフェナクナトリウムであり、非オピオイド鎮痛薬では本邦初のがん疼痛の適応を有する、1日1回貼付の全身作用型の貼付剤です。
がんの痛みに対して効果を示すためには、体循環を介した薬物送達による安定した血中薬物濃度を維持することによる全身性の作用が必要であると考え、当社のTDDS技術によって、従来のジクロフェナクナトリウムを含有する局所作用型の貼付剤とは異なる全身作用型の貼付剤を目指して開発しました。

がん疼痛患者さんの課題

がん疼痛の薬物療法では、軽度の痛みに使用される非オピオイド鎮痛薬と中等度から重度の痛みに使用されるオピオイド鎮痛薬が主役となります。オピオイド鎮痛薬では、当社が開発した貼付剤であるフェントス®テープを含め、経口剤、注射剤など多くの剤形から個々の患者さんに適したものを選択することができます。
一方、非オピオイド鎮痛薬には、これまで経口剤と注射剤しか使用できるものはありませんでした。経口剤は抗がん剤の副作用等によって悪心や嘔吐がある患者さんで服薬が難しかったり、注射剤では点滴による持続投与時に拘束的になったり、患者さん自身または介護者が投与することができない問題があります。

「ジクトル®テープ」がもたらす効果

「ジクトル®テープ」は、非オピオイド鎮痛薬で既存にはない新たな剤形として使用可能な貼付剤です。
貼付剤であることから、経口摂取困難な患者さんでも使用可能であり、投与時の拘束がなく、患者さん自身または介護者が投与することも可能となり、多くのがん患者さんを痛みから解放することへの貢献が期待されます。

ジクトル®テープ

TDDS開発パイプライン

久光製薬は、経皮投与による安定した効果の持続や副作用の低減といったTDDS製剤のメリットを最大限に活かした研究開発を行っています。また、QOL向上に寄与する医薬品を速やかにお届けできるよう、これまでに蓄積したTDDS製剤の開発ノウハウや新技術を基に開発期間の短縮に努めています。

開発パイプライン
久光製薬TDDSの対象疾患の拡がり

一般用医薬品の開発

「エアー®サロンパス®Z」の開発

「エアー®サロンパス®Z」は、有効成分として鎮痛消炎成分ジクロフェナクナトリウムを1.0%およびL-メントールを3.0%配合した激しくつらい筋肉の痛みに効果があるエアゾール商品です。新たにロック式キャップレス仕様を採用することで、スポーツ時でも手軽にワンタッチで噴霧ができ、さらに、持ち運びの際にはロックを掛けるだけで誤噴射を防ぐなど、使用性を向上させた商品です。
また、ロック式キャップレス仕様によりプラスチック使用量の削減により環境に配慮、さらに廃棄時のガス抜きも容易にできるようにしています。

モーラス®パップXR

「 サロンパス®ツボコリ®パッチ」の開発

「サロンパス®ツボコリ®パッチ」は、鎮痛消炎成分サリチル酸グリコールやL-メントール、生薬成分オウバク末、温感刺激成分ノニル酸ワニリルアミドおよび血流促進成分トコフェロール酢酸エステルを配合した、肩こり・腰痛などに効果がある商品です。直径2.5cmの丸型ミニサイズで、肩・腰・ふくらはぎなど、部位を選ばず患部にピンポイント®で使用できます。また、微香性でやわらか・しなやか素材を使用しており可動部位に貼っても剥がれにくく、薄手の服でも目立ちにくいベージュ色の商品です。

モーラス®パップXR

TDDS技術で開発した医薬品

モーラス®テープ

モーラス®テープ
疼痛領域
製剤サイズ
10cm×14cm

ケトプロフェンを有効成分とする経皮鎮痛消炎剤(テープ剤)です。腰痛症などの痛みや、関節リウマチにおける関節局所の疼痛、外傷後の腫脹(しゅちょう)・疼痛等に効果を有します。貼付後速やかに効果を発揮します。貼付回数は1日1回です。

モーラス®パップXR

モーラス®パップXR
疼痛領域
製剤サイズ
10cm×14cm

パップ剤の特長である冷却作用を有し、かつテープ剤と同等の付着力および効能があるのが特徴です。製剤改良により貼付回数は1日1回です。また、モーラス®パップ処方比70%の軽量化を実現し、環境にも配慮しています。

ハルロピ®テープ

ハルロピ®テープ
神経内科領域
製剤サイズ
23.2mm×23.2mm

ロピニロール塩酸塩を有効成分とする経皮吸収型ドパミン作動性パーキンソン病治療剤(テープ剤)です。
安定した薬物血中濃度を維持し、脳内に存在するドパミン受容体を持続的に刺激することから、優れた効果の持続性が期待されます。貼付回数は1日1回です。
(販売:協和キリン株式会社)

ネオキシ®テープ

ネオキシ®テープ
泌尿器科領域
製剤サイズ
73mm×73mm

オキシブチニン塩酸塩を有効成分とする尿意切迫感、頻尿および切迫性尿失禁等を改善する1日1回貼付のテープ剤です。膀胱のムスカリン受容体を遮断することにより排尿筋過活動を抑制します。内服薬の副作用である口内乾燥の低減が期待されます。

フェントス®テープ

疼痛領域

鎮痛効果の高いフェンタニルクエン酸塩含有の持続性疼痛治療剤で、がん性疼痛およびがん以外の慢性的な痛みなどに使用します。

エストラーナ®テープ

エストラーナ®テープ
婦人科領域
製剤サイズ
9㎠
(長径3.7cm、短径3.1cm)

女性ホルモン・エストラジオールを有効成分とするテープ剤です。女性ホルモンの低下によって起こる顔のほてり、のぼせ、異常な発汗などの血管運動神経症状を改善します。また、骨吸収を抑制して骨密度を改善します。2日に1回下腹部または臀部(でんぶ)に貼付します。

アレサガ®テープ

アレサガ®テープ
アレルギー領域
製剤サイズ
22.3mm×36.1mm

エメダスチンフマル酸塩を有効成分とする、アレルギー性鼻炎に効果を有する1日1回貼付のテープ剤です。安定した血中薬物濃度を維持し効果の持続が得られます。

MOHRUS®
PATCH/KEPLAT®海外向け

MOHRUS® PATCH/KEPLAT®
疼痛領域
製剤サイズ
7cm×10cm

MOHRUS®PATCHはモーラス®テープと同じケトプロフェンを含有したテープ剤で、腰痛症、外傷性の急な痛みの緩和を効能効果としています。KEPLAT®は、欧州薬事規制に合わせてメントールを含まず製剤のにおいを軽減しています。

SECUADO®
海外向け

SECUADO®
統合失調症領域
製剤サイズ
54.8mm×54.8mm

アセナピンマレイン酸塩を有効成分とする1日1回貼付のテープ剤で、米国での統合失調症治療における初めての経皮吸収型製剤です。薬物血中濃度を安定的にコントロールすることで、優れた有効性および安全性が期待でき、服薬状況を医療関係者や介護者が視覚的に確認することができます。

Minivelle®
海外向け

Minivelle®
婦人科領域
製剤サイズ
1.65㎠

閉経に伴う中・高度のホットフラッシュ症状の改善および閉経後骨粗鬆症の進行防止を効能に持つホルモン補充療法の貼付剤で、米国FDAから承認を受けています。特徴として使用感を高めるために従来商品よりサイズを小さくしています。

ジクトル®テープ

ジクトル®テープ
疼痛領域
製剤サイズ
70㎠
7cm×10cm

ジクロフェナクナトリウム(NSAIDs)を有効成分とする全身性の経皮吸収型がん疼痛治療剤(テープ剤)です。1日1回の経皮投与で薬物が消化管を経由せずに直接全身の血液中に移行し、24時間安定した血中薬物濃度を維持することで、持続的な効果が期待できます。
また、悪心・嘔吐、嚥下困難、消化管閉塞などで経口摂取が困難な患者さんにも投与可能であり、患者さんの服薬状況が家族および介護者にも目視で確認することができます。

PAGETOP