安全性情報管理職川島
2008年入社 薬学教育部卒
Motivation of joining
商品を常に改良していく会社の姿勢に感動。
薬を育てる仕事に興味を持ち、入社を決める。

福岡出身で、大学は熊本。薬学を勉強していたので、就職は九州の製薬会社に就職したいと思っていました。久光製薬に興味を持ったのは、大学院生のとき。薬剤師のアルバイトで、患者さんから「久光製薬のモーラステープは良く効いて剥がれないのがいい」という声を聞くことが多く、久光製薬は高品質の製剤を造ることのできる高い技術を持った会社であると感じていました。同時に、貼りやすさ、剥がれにくさなど、使いやすい設計で患者さんから高く支持され、歴史のある会社でありながら、常に患者さんの目線に立って商品改良を続ける企業努力が素晴らしいと感じたことが大きな志望動機になりました。
また、大学の講義で、薬が上市された後に、より安全に使用してもらうための情報を管理していくPV業務が大切であることを知り、その仕事に興味を持ちました。開発されて市場に出た薬を患者さんにより安全に、より有効に使用していただくために育てていく「育薬(いくやく)」という仕事です。私自身、薬の開発そのものよりも、薬がきちんと患者さんの役に立つことに興味があると気づき、久光製薬でこの仕事にチャレンジすべく、安全性情報管理職に応募しました。
PV:Pharmacovigilance(ファーマコビジランス)  医薬品安全性監視。

About work
薬の副作用をなくしたい。
真摯な仕事の姿勢が、企業の評価に直結する。

医薬品は、開発されて市場に出たら終わり、というものではありません。医薬品の安全管理情報を常に収集・評価し、さらにリスクを最小限にするための活動を行うことも開発と同じくらい大切であり、まさにこれが安全性情報管理職の仕事になります。日々、患者さんや医療現場から報告される副作用などの情報を評価・検討し、必要に応じて薬の説明書の情報更新や、病院・薬局などへ配布する安全性情報冊子の作成などを行っています。
私は入社以来、モーラステープに代表されるケトプロフェン製剤の安全対策を担当しています。ある副作用を減らすために、医療機関への注意喚起など、10年以上に渡って様々な安全対策を行ってきました。その結果、出荷数量あたりの副作用報告症例数は10分の1以下に減少し、副作用で苦しむ患者さんが減ったことはとても嬉しいことでした。また、こういった情報はネガティブ情報ととらえられがちですが、医師・薬剤師の先生から久光製薬の企業としての姿勢を評価していただいたときは、涙が出るほど嬉しかったです。プライドを持って仕事をする意義を感じた出来事でした。
この仕事に携わって10年。その間に結婚、2度の出産も経験しました。育児と仕事の両立は大変ですが、同僚の温かいサポートや、出産・育児に関する充実した会社の制度のおかげで、出産前よりも大きな仕事を任せてもらっています。成果を出せばきちんと評価してもらえる会社だからこそ、やりがいを感じて新しい仕事にも取り組んでいける。これからも高い専門知識をもったプロフェッショナルを目指して、この仕事に取り組んでいきたいと思っています。

  • 8:00
    出社
    メールの確認、急ぎの問い合わせ対応など
  • 9:00
    評価関連業務
    担当製剤の副作用の評価、安全性情報冊子の作成など
  • 12:10
    昼食
  • 13:00
    評価会
    週に1回、副作用の社内評価を会議で検討
  • 15:00
    安全性情報データベースの仕様確認
    データベースシステムのバージョンアップに向けて、サプライヤが作成した資料を確認
  • 17:00
    帰宅

MESSAGE学生のみなさんにメッセージ

私が入社したときに、伯父から「実学」という言葉を教えてもらいました。そして、「社会に出てからも、たゆまず勉強・努力を怠らぬようにしましょう。社会人として最終的に力を発揮するのは、地道な努力で身につけた正確な知識と良識なのです」と。10年経った今、それを実感しています。就職はゴールではなく、スタートなのです。
患者さんに安全を届けるための安全性情報管理の仕事は、常に進化する医薬品の情報と対峙し、常に新しい発見があり、探求心を刺激してくれる面白い仕事です。また、久光製薬の商品は世界中で販売されているので、英語に接する機会も多く、たくさんの経験を積むことができます。ぜひ一緒に働きましょう!待っています!