品質管理職樫山
2014年入社 自然科学研究科 物質生命科学専攻
Motivation of joining
モーラス®テープに支えられたスポーツ人生
同じ痛みに悩む人のQOL向上に貢献したい。

大学では高分子化学を学び、主に電子材料の応用を目指す分子の薄膜化の研究をしていました。卒業後は化学メーカーに就職する人が多いのですが、私は化学メーカーで原材料を作るよりも、実際に生活の中で使われる最終商品を作る会社で働きたいと思い、製薬会社も視野にいれた就職活動をしていました。
実は中学時代に所属していたバスケットボール部で腰を痛め、病院で久光製薬のモーラス®テープを処方され、つらい痛みからも解放されていました。おかげで好きなスポーツをあきらめることなく、高校・大学時代はハンドボールに熱中することができました。そんなこともあり、製薬会社の中でも久光製薬は身近な存在でした。そして自分のスポーツ人生と切っても切れない大切な商品を作っている会社で、同じような悩みを持つ人たちのQOL向上の役に立ちたいと考え、入社を志望しました。
私は熊本出身なのですが、最初、久光製薬の本社が同じ九州の鳥栖にあることを知らなかったんですよ(笑)。CMなどでも目にする有名な会社が、九州にある会社だと知って身近に感じられたことも入社したきっかけのひとつになりましたね。QOL:Quality of Life=生活の質

About work
やればやるほど新しい勉強が必要と感じる仕事

サロンパス®やモーラス®テープといった商品に使用される原材料は、すべて入荷時に品質を検査する規格試験が行われます。私は入社以来、鳥栖工場でこの原材料の規格試験の仕事に携わってきました。原材料の種類は数百種類。決められた手順で分析の試験を行い、合格したものだけが製造に使用することができます。入荷物の試験だけでなく、原料メーカーを訪問し、製造管理や品質管理の監査を行うこともあります。自社商品の高い品質を原料の製造段階からも管理しているわけです。医薬品の高い品質を保証するための責任ある仕事です。
また私たちが国内外の薬事に関する当局から査察を受けることもあります。皆で協力し、厳しい査察を無事クリアできたときは達成感があり、久光製薬の製造管理や品質管理についての自信を持てる瞬間でもあります。
試験を行い、記録書を作成するという作業が比較的多い業務ですが、専門知識をもとに的確な判断を求められる場面も多く、判断力、決断力を磨くためにも製剤や製造に関する知識、品質管理全般に関する知識は欠かせません。また、日々の業務の中でも、毎日新しい発見があり、やればやるほどさらに勉強が必要な仕事だと感じています。たとえば試験の結果がいつもと違っていたら、化学的な原理原則に従って原因をきちんと判断する。わからないことをそのままにできないような知的好奇心の強い人に向いている仕事ではないでしょうか。
新商品の開発で新しい原料が使われる際には、新たに試験の手順書や記録書を作成し、規格試験の準備から手掛けることもあります。こうして実際に関わった「のびのび®サロンシップ®F(フィット®)」や「モーラス® パップXR」が商品化されたときはとても嬉しく、仕事をやりきったという充実した気持ちになります。

  • 7:30
    工場に出社
    試験予定の確認
  • 8:30
    試験開始
    分析試験は午前中に行う
  • 12:10
    昼食
  • 13:00
    試験結果のまとめ
    午前中に行った試験記録書の照査、手順書などの文書作成
  • 17:30
    帰宅

MESSAGE学生のみなさんにメッセージ

学生時代はたくさんのことにチャレンジして、さまざまな経験をすることが大切だとよく耳にします。私はそれに加えて、何かひとつ、全力で熱中できることを見つけてほしいなと思います。その経験が、仕事で困難な場面に直面したときに壁を乗り越えるための力=熱意になってくれるはずです。皆さんと一緒に働ける日がくることを楽しみにしています!