臨床開発職平山
2013年入社 薬学専攻卒
Motivation of joining
家族の病気がきっかけで薬学部に進学、
事業ビジョンが明確な点に惹かれ、入社を決める。

医薬品に興味をもったのは、家族が大病を患い入院したことがきっかけでした。様々な薬を処方されているのを見て、こんなに小さな薬が人間の体内に入ると病原体に作用して症状が劇的に改善されるという現象が不思議で、そのメカニズムを知りたいと思ったんです。そうして薬学部に進み、研究室では主に蛋白質の合成を行う研究に没頭しました。
その頃には、製薬業界で臨床開発の仕事がしたいと考え、就職活動は製薬業界に絞って企業の説明会に参加。中でも久光製薬は、貼付剤に圧倒的な強みをもっており、事業ビジョンが明確でわかりやすいと思ったので興味を惹かれました。また、高校時代はサッカー、大学時代は自転車に打ち込むなど体を動かしてきたので、サロンパスは馴染み深い商品。また、大学時代に実習に行った病院で実際にお会いした久光製薬のMRの方も、明るく元気いっぱいな印象を受けたので親近感をもちました。そうかと思えば面接でお会いした人事の方はその正反対でとても物腰の柔らかい方だったので、いろいろなタイプの方がいるという意味でも好感をもち、入社を決めたんです。

About work
医師や治験コーディネーターから詳細な情報を聴取、
進捗の報告や安全性に関する情報を提供

新しい薬を開発するためには、患者さんや健康な成人の方に治験薬を投与してその有効性や安全性を確認する臨床試験(治験)を行わなければなりません。そのため、病院などの医療機関を定期的に訪問し、臨床試験の進行状況や試験が手順通り正確に実施されているかをチェックするモニタリングという仕事があります。現在はこの業務を行うモニター、およびモニターを束ねるリーダーとして働いています。我々モニターは患者さんと直接お会いして話を聞くことができないので、治験を担当してくださる先生方や治験コーディネーターの方々と面談して治験薬を投与されている患者さんの状態や検査の値など詳細な情報を聴き取りしたり、進捗報告や副作用などの安全性に関する治験情報を提供したりしています。また、治験資料や実施状況を見て、データが正確に上がってきているかどうかもチェック。これらのことを通して計画通りに、適切に治験が実施されているかを確認しているのです。モニターになると治験にご協力頂く病院を担当し、月に何度か訪問します。臨床開発部では全国各地の病院を担当しているので、一時期は週の半分ほど東京から離れた遠方の病院に出張していました。
この仕事の好きなところは内勤だけじゃなく、全国各地の施設に行けるという点ですね。外に出ると気分転換にもなりますので、私にとってはバランスが良いです。また、全国各地にある病院の様々な先生方に会うことができて、臨床試験現場の生の声が聞けるということも大きな魅力の一つ。そのような声を新しい薬の開発のために役立てて、1人でも多くの患者さんを救いたいという思いで日々仕事に取り組んでいます。

  • 8:40
    本社に出社
    治験を実施している医療機関への訪問準備
  • 10:00
    医療機関訪問
    治験を行っている患者さんの診療録や治験資料の確認
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    医師と面会
    治験を実施している先生と面会し、治験の実施状況について確認
  • 15:00
    本社に帰社
    午前中の業務の報告書作成や今後の業務の準備やメール対応
  • 19:30
    帰宅

MESSAGE学生のみなさんにメッセージ

当社の臨床開発部はモニターとしてのモニタリング業務だけではなく、治験実施計画の策定、治験終了後の治験データの取扱いや厚生労働省や独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)による調査対応についても関わることができる体制なので、臨床開発業務全般に関しての知識と経験が積めます。それが入社してよかったと最も思う点ですね。臨床開発業務というのはあまり馴染みのない仕事でイメージしにくい部分も多いかとは思いますが、自分の特長を活かしやすく自分なりの楽しみを見つけやすい仕事なので、ぜひ多くの方に志望していただきたいですね。