business
事業を知る

久光製薬の事業ビジョン、それは日本で、世界で
TDDSにおけるキープレイヤーとしての存在を確立すること。

人が健康な暮らしを送るために欠かせない存在である医薬品。その市場は毎年確実に成長しており、現在世界の医薬品市場は100兆円を超えると言われています。その市場でビジネスを展開する当社が目指している目標は、何よりも「世界中の人々へ、貼って手当てすることの良さを伝える」こと。
そのためには他社に先駆けて有用性の高い貼付剤を作ることや、それを世界中の人々に届けるための低コストかつ圧倒的な製造能力を持つことなど、様々な要素が必要です。私たちは目標を実現するための3つの基本方針を掲げ、着実に事業を推進することで、世界のTDDS市場の50%のシェアを獲得し、世界における「TDDSにおけるキープレイヤー」を目指しています。

国内戦略

医療用医薬品事業では、これまで、いわゆる湿布と呼ばれる外用鎮痛消炎貼付剤において高いシェアを有してきた「モーラス®テープ」があります。今でも、私たちの代表的商品ではありますが、この強みを維持強化するだけではなく、国内市場でさらなるプレゼンスを高めるため、医療機関や患者さんのニーズに合致した新しい局所性および全身性の医薬品開発を目指しています。特に、整形外科・緩和ケア科における販売アイテムを拡充し、より一層の患者さんのQOL向上に貢献しています。一般用医薬品事業では、「サロンパス®」シリーズなどの外用鎮痛消炎剤に留まらず、水虫市場やアレルギー性鼻炎市場など新たなカテゴリーへ積極的な参入を図っています。それと同時に、「貼りやすい」「剥がれにくい」などの使い勝手の良い商品改良を実施することにより、お客様の多種なニーズにお応えし、貼付剤のリーディングカンパニーとして久光製薬の価値を高めています。

海外戦略

1937年に一般用医薬品「サロンパス®」の輸出からスタートした私たちの海外事業は、東南アジア、アメリカ、ブラジルなど現在までに50 カ国以上で販売されるまでに成長。この勢いを加速させるためにも、ベトナム、インドネシア、中国を中心に営業や生産の現地化を進めています。
また、アメリカの中枢神経や婦人科領域を強みとするNoven社を久光グループに加え、日本本社とNoven社の研究開発テーマを一元化することで、アメリカにおける開発の効率化を進めています。さらに、久光グループが欧米で販売する商品の製造拠点としてNoven社を活用することで、海外の競争力強化を図っています。

研究戦略

研究開発の軸はTDDSであり、貼付剤の剤形メリットを最大限に活かすことで差別化を図っていく戦略を推進しています。近年では国内において、整形外科をはじめ緩和ケア科や泌尿器科、神経内科、精神神経科などで積極的に新薬開発を展開。アメリカを始めとする海外においては、注意欠陥多動性障害(ADHD)などに効果を発揮する新薬の開発など、パイプラインの強化を図り新たな領域への挑戦を続けています。
さらに、新技術の創出においては、マイクロニードルを始めとする新規基盤技術の開拓に取り組むなど、「貼る」技術を極めることで、その先の医療へ、人々のQOLへより貢献できるよう活動を続けています。

筑波地区研究所

TDDS研究所 新規TDDS技術の探索、評価
新規貼付剤の製剤設計
新規貼付剤の製造法検討(パイロットスケール)
基礎研究所 新規貼付剤の有効成分の探索
細胞や動物を用いた新規貼付剤の薬効薬理、薬物動態、毒性の評価・検討
新規貼付剤の皮膚刺激低減および経皮吸収促進の評価・検討

鳥栖地区研究所

製剤研究所 新規貼付剤の製剤設計
新規貼付剤の製造法確立~スケールアップ
工場への製造技術の移管
治験薬製造
分析研究所 新規貼付剤の規格設定
新規貼付剤の品質および安定性の評価・検討
工場への分析試験方法の移管
治験薬出荷
ヘルスケア研究所 OTC医薬品・医薬部外品・化粧品の製剤設計、製造法確立~スケールアップ、工場への製造技術および分析試験法の移管、品質および安定性の評価・検討