Hisamitsu

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

更年期障害は治療できます。ひとりで悩まず、お医者さんに相談を。

更年期症状を相談できる病医院を検索

ご監修:ふくしま子ども・女性医療支援センター センター長 水沼 英樹 先生 (日本女性医学学会 理事長)

更年期症状を相談できる病医院を検索

更年期チェック

更年期障害についてのQ&A

Q1.更年期障害って病気なの?

A.

閉経前後の更年期に生じる症状がつらく、ご本人やご家族の日常生活に差し障りがある場合を更年期障害といい、病気と診断します。もちろん病院で治療することができます。更年期障害では、症状の種類も強さも、ご本人が不快に感じる度合いも個人差が大きく、気のせい、加齢のせいなどとして放置してしまうことや、病気という意識を持てずになかなか受診に至らない場合がありますが、あくまでもご本人が不調を感じているかどうかが重要です。不調を感じる場合は早めにお医者さんに相談してください。

Q2.更年期の症状にはどんなものがあるの?

A.

更年期障害の症状はさまざまで、日によって症状が異なったり、出なかったりもします。多いものとしては、ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗)、動悸、不眠などがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

Q3.更年期の症状は人によって違うの?

A.

症状の現れ方も人によってさまざまです。エストロゲン欠落症状の代表的なものはホットフラッシュですが、ホットフラッシュがまったくないのに腰痛や頭痛で悩んでいる人もいます。また、同じような症状でも、あまり負担に感じない人もいれば、耐えきれないほどのストレスを抱える人もいます。
ご本人を取り巻く状況もさまざまで、家庭人としては、子どもが独立した、老親の介護が必要になった、職業人としては管理職になったなど、大きな変化が生じる時期でもあります。このような外的要因と、からだの中で起こる内的な変化があいまって、人それぞれで違った症状があらわれるのです。

Q4.何科を受診したらいいの?

A.

女性のからだをトータルに診る婦人科医に相談するのが不調を解消する早道です。
ただし、更年期障害の症状だと思っても、実はほかの重大な病気が原因のこともあるので、症状の陰に隠れた病気がないかを見極めるためにも検査を受けることは必要です。
更年期以降は骨粗しょう症や排尿障害、脂質異常症などの生活習慣病など、悩みを抱えやすい年代ですが、このようなときにも婦人科医は頼りになる存在です。いざというとき気軽に相談でき、親身になって考えてくれる婦人科のかかりつけ医をつくっておきましょう。

Q5.どの程度つらいときに病院に行けばいいの?

A.

がまんしないで、気になったらまず婦人科のお医者さんに相談してみましょう。
更年期障害の症状は、バランスのよい食事や運動、ストレス対策、休養などで、ある程度改善することができますが、それでも症状が改善しない場合や、支障がなくてもご本人が気になる場合などは、お医者さんに相談することをおすすめします。

Q6.初診のときに何を準備すればいいの?

A.

お医者さんとのスムーズなコミュニケーションのために、基本的な情報をあらかじめ整理してメモにしておくとよいでしょう。

  • 月経の周期や月経期間
  • 最終月経の開始日
  • これまでかかった病気
  • 現在飲んでいる薬
  • 生活習慣
  • もっとも気になる症状の情報(症状がいつから出ているのか、どのようなときに出るのか、 1日のうちいつ出るのかなど)
など。

ページ上部へ

Hisamitsu

コーネンキ ゴー元気

  • サイトマップ
  • 更年期障害関連サイトのリンク集
  • ご利用上の注意