Hisamitsu

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

更年期障害は治療できます。ひとりで悩まず、お医者さんに相談を。

更年期症状を相談できる病医院を検索

ご監修:ふくしま子ども・女性医療支援センター センター長 水沼 英樹 先生 (日本女性医学学会 理事長)

更年期症状を相談できる病医院を検索

更年期チェック

更年期を知って、いつまでも自分らしく

上手につきあう「更年期」全8回

読売新聞と医学専門紙メディカルトリビューンの企画・制作による連載記事「なるほど医療!」をPDFでご覧いただけます。

第1回 更年期障害とその原因について

水沼英樹先生 ふくしま子ども・女性医療支援センター センター長

最近、体のあちこちに不調が出て、気分がすっきりしないと感じることはありませんか?「年だから仕方ない」とあきらめる前に、症状の原因を探り、解決策を見つけましょう。

  • ・女性ホルモンが急激に減少しさまざまな症状が表れる
  • ・チェックリストを活用しかかりつけの婦人科へ
全文を読む

第2回 更年期障害と女性ホルモンの関係について

望月善子先生 獨協医科大学 教授、もちづき女性クリニック 院長

女性ホルモンの一つエストロゲンは月経や妊娠・出産だけでなく、健康を維持するためのさまざまな仕組みに関与していることが分かってきました。エストロゲンの多様な働きについて紹介します。

  • ・子宮や乳房だけでなく脳や骨、血管、皮膚など全身に働く
  • ・更年期を婦人科での健康チェックの節目に
全文を読む

第3回 更年期障害と関連症状について

牧田和也先生(右)牧田産婦人科医院 院長 寺内公一先生(左)東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科女性健康医学講座 教授

40・50歳代の女性の皆さん、元気が出ない、人と会うのが面倒、些細なことでイライラする、ということはありませんか。これらは更年期に表れる症状です。一人で悩まず正しい知識を身に着けて、この時期を上手に乗り切りましょう。

  • ・更年期外来受診者の約6割に睡眠障害などの精神神経症状
  • ・更年期専門の婦人科医に相談症状を整理しておくとスムーズ
全文を読む

「関節痛」・「頭痛」・「尿もれ・性交痛」・「閉経後骨粗しょう症」の4つの各症状について、牧田先生と寺内先生のご対談の内容をご覧いただけます。

「更年期に現れやすい4つの症状」はこちら

第4回 更年期障害の治療法について

髙松潔先生(右)東京歯科大学市川総合病院産婦人科教授、慶應義塾大学医学部客員教授(産婦人科学) 岡野浩哉先生(左)飯田橋レディースクリニック院長

更年期に不調があっても「年のせいだから仕方ない」と我慢していませんか。更年期障害には、さまざまな治療の選択肢があります。今を大切に生きるために、対処法があることを知っておきましょう。

  • ・治療法はじっくり時間をかけて自分に合った方法を選択
  • ・婦人科のかかりつけ医は人生後半の心強い味方
全文を読む

第5回 更年期症状に対するホルモン補充療法の効果と生活習慣改善の重要性

若槻明彦先生 愛知医科大学 産婦人科学教室主任教授

更年期障害という言葉は知っていても、代表的な治療法であるホルモン補充療法(HRT)については、よく知らないという人が多いようです。治療を受けると心身にどんな変化が表れるのでしょうか。

  • ・症状が改善し、見違えるほど元気に
  • ・生活習慣の改善と婦人科でのメンテナンスを
全文を読む

第6回 更年期症状と「性格・環境」の関連性とホルモン補充療法

野崎 雅裕 先生 野崎ウィメンズクリニック院長

月経不順やほてり、発汗、不安、不眠など、女性ホルモンが急激に低下する更年期には、さまざまな心身の変調が起こりやすくなります。ホルモンの激動期をスムーズに乗り切るために知っておきたいこととは?

  • ・まじめな性格や生活環境も影響
  • ・まず婦人科に相談を
全文を読む

第7回 エストロゲンの役割と更年期症状として起こる心身の不調について

種部 恭子 先生 医療法人社団藤聖会 医療法人社団藤聖会

40歳をすぎる頃になると、毎月の月経が不規則になり、体調の変化から日々の生活が思うようにいかなくなる人が増えてきます。
「もしかして更年期?」と疑いはじめたとき、何をすればよいのでしょうか。

  • ・エストロゲンが減少すると心身の不調の原因に
  • ・家族や同僚の理解も大切
全文を読む

第8回 更新期特有の不調と婦人科受診について

安井 敏之 先生 徳島大学大学院歯薬学研究部 生殖・更年期医療学分野教授

安井 敏之 先生 徳島大学大学院歯薬学研究部 生殖・更年期医療学分野教授

更年期の代表的な症状として、ほてりや発汗、のぼせなどのホットフラッシュがよく知られていますが、それ以外に多種多様な症状が現れます。つらい症状を我慢していると、日常生活に支障をきたすことも。不調をすっきり解決し、いきいきと過ごすためには?

  • ・40~50代の約7割が更年期症状を経験
  • ・受診した際は気になる症状をすべて伝える
全文を読む

ページ上部へ

Hisamitsu

コーネンキ ゴー元気

  • サイトマップ
  • 更年期障害関連サイトのリンク集
  • ご利用上の注意