水虫TVトップ > 水虫Q&A > Q3:水虫は皮膚のどのあたりで生きているの?

水虫Q&A 水虫についてのよくある質問を集めました。

Q3 水虫は皮膚のどのあたりに生きているの?

A3 角質のなかだけで生きています。

 

水虫をおこす白癬菌は、好ケラチン性真菌といい、皮膚のなかの角質に含まれるたんぱく質を栄養源として発育する性質をもっています。そのため、皮膚の表面についた白癬菌は、角質のなかにもぐり込んで伸びていきます。あまり深くもぐり込むとケラチンがなくなるため、いつも角質のなかだけで生きています。



↑